雨の日の救世主!夢みなとタワーの「ミクロネシアとサンゴの海の水族館」、そして民族衣装で写真を撮ろう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海だ!山だ!って予定を立てても、雨ふっちゃったらどうしようもない…。

そんなときに頼りになるのが「水族館」です!特に旅行中は雨だからっていっても中止にもできないですし、本当にナイスな企画展をしてくれていました。

と言うわけで、雨に降られてしまった二日目は、大山から境港にある「夢みなとタワー」まで一気に足をのばしてみました。

「夢みなとタワー」もなかなか面白かったですよ!

スポンサーリンク

水族館があってよかった!!ありがとう、ミクロネシアの魚たちよ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いたいた、ミクロネシアの魚たちよ!さあ泳げ!ほれ泳げ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

癒されるクラゲ。食べても美味しい…でも刺されると痛い…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちんあなご先輩もいました。会えて嬉しかったです。ちんあなご好きなもんで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウミガメ大先生もいました。こちらは子どものウミガメ。かわいい。

そばにばかでかい大人のウミガメがいました。水槽?プールが狭そうで可哀想だったなぁ。

ヒトデやなまこなんかにお触りできるコーナーなどもあり、狭い空間ながらも沢山の海の生き物がひしめきあっていて子どもたちは大喜び。

大人当日券1000円とあって、ちょっと高いなとは思いましたが、未就学児は無料だし、チケット見せたら夢みなとタワーの入場が無料になるし、なにより雨で退屈している子どもたちの時間を楽しく過ごせたのでよかったです。

民族衣装でファッションショー?!キッズコーナーも充実しています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてお次の目的地は「夢みなとタワー」の3階へ。このタワー、全面ガラス張りでとってもステキなタワーでした。

何でも、「テンゼグリティ構造」という、独特なものだそう。鉄柱と白いリングの枠組みの中に鳥取県日南町の杉が使われていて、無機質な枠のなかにこの杉の木目がなんともいえない暖かさを出しています。

わたくしたちは、3階の「環日本海諸国展示」という、なにやら堅苦しそうな場所へと向かいます。旦那さんの話では、面白いところらしいのですが…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モンゴルのゲルとかその他もろもろの展示の先には…、なるほど、これか。(納得)

ここは日本、中国、韓国、モンゴル、ロシアなどの国々の民族衣装に着替えて撮影が出来るようになっています。もちろん子どものサイズもあるので、こんなんが好きな上の子は大興奮。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お面とか帽子とか、かぶり物も各国さまざま。

うちの子はチマチョゴリに、多分モンゴルの帽子みたいなのを合わせていました。もうなんでもあり(笑)。

子どもたちには色味がかわいいチャイナ服とかチマチョゴリが人気でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

各国の背景の前で写真が撮れるようになっています。ロシアの民族衣装がかわいい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の子は民族衣装には目もくれず、ひたすらこの電車で遊びまくっていました。それはそれで助かる…(笑)。おままごとセットもありました。

こういう本当に場所って貴重なんですよね。

やっぱり日本海という土地柄なのか、なかなか興味深い展示でした。各国の民族衣装をいっぺんに見られたのも面白かったです。

全然違うように見えて、こうやってロシアからモンゴル、モンゴルから中国って並べてみると、なんとなく似通って見えるというか、どこかにシルクロードの共通した風合いみたいなものがあるんだなぁ、と感じました。

距離的にはアメリカやヨーロッパなんかよりも、ずっとこの環日本海の国々のほうが近いんですよね。そんな当たり前のことにもこの展示で改めて気づくというにぶさですが。

近い国々のことを、もっと知っていかないといけないな、と思いました。

少数民族の展示やら、モンゴルのゲルの展示やら、韓国の食べ物の展示とかいろいろあったんですけど、子どもたち素通りだったのでなかなか写真が撮れず。

また機会があったらじっくり訪れたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です