まるで外国に来たみたい!その景色に癒される、大山地頭農園で念願のブルーベリー狩り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この旅のクライマックスは、わたくしの長年の念願でもある「ブルーベリー狩りをすること」。念願、叶いました…!!感無量。

なぜこんなにブルーベリー狩りにこだわるかといますと、ずいぶん昔の話になりますが、カナダのプリンスエドワード島に行ったときのことです。

そのときホームステイをしていたご家庭の庭に、ブルーベリーの木が植わっていました。そこで木から直接食べたブルーベリーがあまりにも美味しくて、「美味しい、美味しい」と食べまくったわたくし。

無造作に実っていたブルーベリーをわしがあまりにも感激したので、ホストマザーがそれから毎日お弁当にブルーベリーを入れてくれた、という思い出の味なのです。

ま、そんな小話はどうでもいいとして、とにかく素晴らしいロケーションだったのでさっそくご報告いたします!

スポンサーリンク

面積4ヘクタールって言われてもよくわからんけど、とにかく広い広いひろーーーい!!

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

はるばるやってきました、地頭農園です。

ほかにもいろいろとブルーベリー農園はありますが、ここが一番良心的なお値段(大人500円、同伴の幼児無料)だったのと、とにかく敷地が広い!とのことだったのでこちらに決めました。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

第一と第二があります。今日は第一農園でブルーベリー狩りです。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

とにかく広い!!この敷地に、約8000本のブルーベリーが植わっています。っていってもよく分からん数…。

ブルーベリーの木の種類も7種類くらいあるみたいです。どれがどれだかはよく分かりませんでしたが(笑)。大きく分けて、ハイブッシュ系とラビットアイ系に分かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

着くなり子どもたちは走り回っていましたが、下が芝生なので転んでも安心です。かくれんぼし放題だな、こりゃ。

向こう側に大山をのぞみながら、いざブルーベリーを狩りましょう!!ふんふんっ。

食べつつ採りつつ…なんかを収穫するってのは大人も子どもも楽しめるんだね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいなブルーベリーの実が沢山なっています。大きくて、濃い紫色になっていて、粉を吹いているものが完熟している印だそうなので、そのような実を狙って採っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは背の低い方のブルーベリー。まだ完熟してないものが多いかな?でも、完熟した実はとっても甘くてジューシーでした。

種類にもよりますが、その木ひとつひとつでも味が違うのです!美味しい「木」を捜すのもまた楽しいことでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブルーベリーの向こうには、走り回る子どもたち…。おーい、採ろうよ(笑)。でも、一通り走り終わるとこんどは熱心にブルーベリー狩りを楽しんでいましたよ。

背の低いブルーベリーの木もあるので、2歳の下の子でも簡単に採れるのがよかったです。まぁ、すっぱいのやら甘いのやら、めちゃくちゃにとってましたけど…。そのたびにすっぱさに震えているのが面白いやらかわいいやら。バカだ。

なにかを収穫するというのは、こんなにも嬉しくて楽しいことなんですねぇ。みんな遊びながらも、気が付いたら大人も子どもも夢中でブルーベリーを採っていました。

ここは日本だよね?どこを撮っても絵になる素晴らしいロケーションの地頭農園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう、景色が良すぎてなんだか外国にいるみたいな錯覚を起こします。本当に美しい農園でした。その場にいるだけで癒されます。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

大山をバックに、ブルーベリーが映えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもたちが行方不明になったところ。おーい、出ておいでよー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雄大な大山。大山を眺めるにも本当にいいところです。ずっと雲に隠れていましたが、やっと姿を見せてくれました。

大好きなブルーベリーを食べれて、大山が見れて、本当に幸せな時間を過ごしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りに手を洗わせてもらったのですが、その水の冷たいこと!!大山の水なので、夏でも冷たくて美味しいんだそうです。いいなぁ、住みたくなってしまうではないか。

持ち帰りのブルーベリーは、一瞬で子どもたちのお腹の中に消えました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがお持ち帰り用のみんなで採ったブルーベリー。持ち帰り用は大(1000円)と中(500円)があって、わたくしは中にしました。

家に帰って計測してみたところ、中パックで500グラムのブルーベリーを持ち帰りました。かなりお得です!!

まるまる、つやつやして宝石のようにきれいです。ブルーベリー愛がさらにさらにほとばしります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長女の手のひらに乗せてみました。一粒一粒が本当に大きい!!意地汚く大きい粒狙いで採ったかいがあった。

子どもたちには最高の(高級な)おやつとなりました。それにしても、500グラムあったのにすぐになくなっちゃった…。

そして「ぶどう(ブルーベリーのこと)がない!!」と怒る2歳児よ、あんたが食べたんだろうが!!(怒)

なにはともあれ、地頭農園に行って良かった、大山に行って良かった。最高です。出来たら(冬以外は)住みたいです。大好きな土地に、また巡り会えました。

わたくし本当にここが好きになりすぎて、こうしてまとめていたらまた行きたくてたまらなくなってしまいました。

そういった場所に出会えて、今回の旅行は幸せでした。

ブルーベリー地頭農園

開園期間 6月下旬~9月下旬の予定

休園日  期間中無休

営業時間 AM9時~PM5時

駐車場  普通車150台

入園料  500円(大人同伴に限り幼児無料)園内食べ放題

〒689ー3319

鳥取県西伯郡大山町赤松572ー328

0859ー53ー8810

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です