移住したい県第3位は岡山!実際に移住して感じた魅力、あんなとここんなとこ

DSC_1940

結婚を機に、生まれ育った千葉から岡山に移住してはや7年になりました。「移住」といってもたいそうな思いがあるわけでもなく、旦那さんの仕事が岡山だったというだけなのですが。

それでも、岡山に移住してからはその住みやすさ、環境の良さにすっかり地元よりも地元らしさを感じています。なんかラクなのよね、岡山って。

なんでも岡山県は「田舎暮らしで移住したい県ランキング」でも最近は常に上位なのだとか。へ~、知らなかった。

実際に移住した者としての目線で、岡山県の魅力をご紹介いたします!

スポンサーリンク

災害の少なさ、原発が遠いことから岡山に注目が集まる

ランキング

移住したい県のランキングを見てみると、2011年に起こった東日本大震災以降、岡山に移住したいと思う人が増えたようです。

原因は、災害が少ないこと、原発が無い、原発から遠いことが言えます。

岡山県は住んでみて分かるのですが、本当に災害が少ないです。幼稚園も「警報が出たらお休み」なのですが、一年で2,3回お休みになったら「ちょっと今年は多いね」というぐらいです。

今年は台風が直撃することもありましたが、瀬戸内海からの風はそんなに強くもなく、太平洋からの強風を知るわたくしとしてはなんて穏やかな台風なの!と思ったくらい。

台風はスルー、地震もほとんどない(今後どうなるか分かりませんが)、山陽側は雪もめったに降らない(降っても積もらない)、そして原発もない。

そんな自然災害が少ないところから、注目を浴びたのでしょう。「晴れの国おかやま」にふさわしく、カラっと晴れる日も多い…気がします。いや、雨も降るんだけど。だからなのか、太陽光発電も盛んですね。ボロッボロの家にも太陽光のパネルあるもんなぁ、失礼か。

充実の子育て支援。通学リュック支給や給食費が無料の自治体も!

子育て世代に嬉しいのが、ほとんどの自治体で「15歳まで医療費がかからない」ことではないでしょうか。これは本当に助かります。もちろん歯医者なども含まれます。

最近ではこの医療費援助を掲げている自治体も増えてきましたが、岡山県ではけっこう前から子どもの医療費は無料だったと思います。わたくしの地元では、最近になって12歳まで無料になったそうなので、子育て支援としては先駆け的存在ではないでしょうか。

そして驚くべきことがほかにもあるんです。

浅口市という自治体では、小学校の新一年生にランドセル代わりの通学用リュックサックが支給されます!なんとうらやましい。

ランドセルってものすごい値段しますよね。それに色んなものが出てきて、どんどんランドセル競争が過熱している印象です。

でも、みんなが同じリュックサックをもらえれば、お金もかからないし遠足にも持って行けるしで、市民の方からも好評なんだそうです。

そして、岡山県ではほとんどの小学校が制服を着て通学しています。これは倉敷に制服を作る工場や工房が沢山あったことのなごりなんだとか。いまでも全国の制服の多くが岡山県で作られているのです。だからなのか、小学生がみんな素朴でのんきそう(?)でかわいい。

くだもの王国岡山!海の幸、山の幸も安くておいしい

DSC_1897

とにかくくだものが安くて美味しいのが岡山です。東京の千疋屋なんかで桐の箱に入っているようなのが、そこらへんの産直でごろごろ売ってます。そりゃ贈答用のものとは見劣りしますが、味は本物!普段に食べる分には十分です。

桃なんかは一箱に10個くらいで1000円とかで売っています。わし桃のアレルギーで食べられないんですが…(泣)なんで岡山に来て桃アレルギーに…。

ぶどうもいちじくも梨も、とにかく安い!美味しい!!

道の駅やJAの直売所はとにかく新鮮で安くていい野菜やくだものであふれています。外国産の野菜なんてまず食べません。黄ニラやまこもだけ、蒜山だいこんなど、地域の特産物も豊富です。

そして忘れてならないのが海の幸です。特に岡山の牡蠣は値段もお手頃、大粒で味も濃い!

日生や寄島、笠岡など瀬戸内海沿いの漁港では、牡蠣の養殖が盛んで、牡蠣祭りではものすごい安い値段で牡蠣が買えます。日生の牡蠣オコも、B級グルメとして有名ですね!まだ食べたことありません…。

蒜山やきそば、津山ホルモンうどん、日生の牡蠣オコ、玉子かけご飯、笠岡ラーメン…、何気にB級グルメ天国岡山なのですが、なんと新見ではA級グルメとして千屋牛を押しております!

千屋牛は、和牛の元祖とも言われている牛で、ほとんどのブランド和牛はこの千屋牛の仔牛をもとにして誕生しているのだとか…。新見にはなぞの鍾乳洞もあるし、ただのどだ田舎だと思ってましたが(ひどい)あなどれませんね。

意外と交通の便がいい。新幹線、高速道路、空の便も

意外と岡山って交通の便がいいんですよ。新幹線も通ってるので、九州方面も関西方面に行くにも便利です。ちなみに大阪までは1時間弱、東京まではのぞみに乗って3時間半。

山陽地方だったら在来線もあるので、まずとんでもなく不便には思わないでしょう。

高速道路も県内だいたいまんべんなく通っています。山陰に行くのも四国に行くのもだいたい同じくらい。香川県と瀬戸大橋で繋がっているので、香川も通勤圏内ですね。

ですが、岡山で暮らすなら車は必須です!!役所や警察署などはたいてい駅から離れたところにあるので、車がないととんでもなく不便です。バスもありますが、首都圏ほどはありません。

岡山には空港もあります。国内線は羽田、新千歳、那覇、海外はソウル、上海に定期便があります。たしか以前は台湾もあったはずなのに…残念!五郎さんが行った台湾なのに!!

 医療機関が充実している

国内でも有数の医療チームがある岡山大学病院をはじめとして、岡山県、特に山陽の医療の充実度は国内でも高いのではないでしょうか?

岡大の他にも、川崎医大や倉敷中央病院など、救命救急センターがある大病院がいくつも点在しています。岡山や倉敷など、都市部(一応)に住む人は都会と変わらない、むしろ質の良い医療が受けられると思います。

ただ、すこし田舎にいくとやはり事情は変わってきます。だんだんと赤ちゃんの分娩が出来る産婦人科が減ってきています。これは全国的にみても減ってきているのですが、なんとかしてほしい問題です。

わたくしも長女の出産時に、急にかかっていた産婦人科が分娩をやめてしまったので、急遽里帰り出産をした経験がありました。

子育て支援とともに、産院も増やす努力をしてほしいものです。

ちなみに、各自治体では不妊治療の助成や、不育治療の助成をしているところもあります。不育治療(お腹のなかで赤ちゃんが育たなくなり、流産を繰り返してしまう)の助成は、全国でも珍しいのだとか。

物価が安い!リサイクルショップもたくさんある

岡山県民の生活を支えているのが、ディオとラムーでしょう。菊池桃子さんのユニットではありませんよ、念のため。

ディオとラムーは、倉敷市に本社がある大黒物産が親元のディスカウントスーパーです。とにかく笑っちゃうくらいなんでも安いんです!!

特筆すべきなのは、たいがいのディオ、ラムーにあるパクパクというたこ焼き屋さん。なんとここのたこ焼き、大粒が6個も入って100円。もう一度言います、100円なんです!消費税が8%になっても変わらず100円!!神だ!

新婚のころは、休みのたんびにここの100円たこ焼きを食べに行っていたので、しばらくたこ焼きは食べなくてもいいくらい食べてました…。お店の人に顔を覚えられるくらい行ってた。

休みになると、パクパクの前に行列が出来ています。10パックくらい買っていく人も。だから岡山の人はたこ焼きパーティなんかしません。買った方が安いしおいしいから。

そして岡山県に多いのが、リサイクルショップです。

岡山の人は物を大事にするのか、それとも単にケチなのか分かりませんが、とにかくリサイクルショップが大好き。服でも子ども用品でも、とりあえずリサイクルショップやアウトレットと称する古着の店に行きます。古くなった服やら家電やらは即売ります。

うちもリサイクルショップにはお世話になっています。子どものバンボ(赤ちゃんのイス)も500円くらいで買ったし、ベビーカーも買ったなぁ。服もアウトレットで未使用を300円くらいで買っています。

だからなのか、チボリ公園の跡地に出来た三井アウトレットパーク倉敷は芳しくないようすだそうです。岡山の人からしたら、高すぎるんだそうで…。

うちは食費込み、ガソリン代込みの生活費5万円でやりくりしていますが、これらのお店のおかげでまず赤字になることはありませんねぇ。ほんと岡山ってアホみたいに物価が安いんですよ、アホは余計か。

なかなかどうして、「大都会岡山」ですよ

いなかいなかと言われていますが(言ってますが)、そんなこたぁありません!岡山は大都会なんです!なめんなよ!!

なぜなら、全国初☆の都市型イオンが岡山駅前にドド~ンと誕生したからなんです。ここはすごい。なにがすごいかって大都会感ハンパない。分かんねー。

一度興味本位で行ったのですが、とにかく広い、でかい、テナントもなんかめっちゃあるしぐるぐる目が回って頭痛くなってきて早々に帰って来ました…だめじゃん。

昔、渋谷に初めて遊びに行って次の日熱出たみたいな、そんなことを思い出しました。だからなんだと言われそうですが、とにかく久々に都会の風を岡山イオンで感じたのです。

また行こうかどうしようか迷いますが、たぶんもう行かない。数年後にフラッと行くかも知れない。それよりも日本一の図書館、岡山県立図書館に行きたい、そんな気分です。ここはいいらしい。

 岡山の人とも楽しく、なんとなく岡山県民っぽく過ごしてます

DSC_1932

岡山の人で出会った方々が良かったのか、本当にみなさんいい人です。土足でどやあああっと入ってくる人もまずいないし、基本保守的なんでみなさんシャイだと思います。

県外から来たっていわなけりゃだれもそんなこと気にしないし、知ったところではぶられることもありませんでした。

「え?岡山の人かと思ってた」とよく言われます。

ただ、都会にはない「村内」がまだ生きている社会なので、多少面倒なこともあるかと思いますが、とんでもないことはないですね。朝7時に町内会長のじいさんが祭りのことで家に来たくらいですかね。あれはウケたなぁ。

美観地区や岡山城、後楽園なんか電車ですぐに行ける距離だし、湯原や湯郷なんかの温泉地もあるし、もっともっと色んなところに行ってみたいです。行きそで行かない近場の旅シリーズでもやりますかねぇ。

移住するのにも、受け入れ体制が整っているのでスムーズに行くことが多いみたいです。

災害が少なくて、人も気候も温暖な岡山県、かなりおすすめですよ!!

ただ一つだけ納得が行かないのは、保育園の退園制度です。最近話題になった、下の子が生まれたら保育園に通っている上の子は退園しないと行けないってやつ。あれ、岡山県は5歳児以下の子に適用されるんです。信じられん。

なので、上の子が4歳とか5歳とかだったらわざわざ一年間だけとか幼稚園に通わなくてはならないんです!!なんだこのクソ制度。

ほんと岡山県庁しっかりしてくれよ、おかしな知事のパフォーマンスなんてどうだっていいんだよ、大悟の目が死んでるっつーんだよ。(千鳥は岡山大使として、知事からすべりまくりなことを強要されているのだ)

役所が使えないのが玉に傷ですが、ガンガン怒りの声をあげていったらこんな制度は無くなるでしょう、無くならんとやばい。

最後に怒りが爆発して岡山のいいところが台無しになった気がしないでもないですが…。とにかく住んでいて幸せ度は高いところです。うふふ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメント

  1. 赤磐 俊夫 より:

    相生市は兵庫県ですよ…

    • amamura より:

      赤磐俊夫さま、ありがとうございます!!そしてこちらの認識不足で申し訳ありません!!
      頻繁に相生市のCMを見るので、岡山だと思い込んでいました…。訂正してお詫び申し上げます。
      わざわざご指摘頂き、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です