AmazonBookレビューで大炎上した『花のズボラ飯』をあえて擁護してみる

キャプチャ

ずっと気になっていた『花のズボラ飯』。やっとやっと読めました。

これは『孤独のグルメ』の原作者、久住昌之さんがやはり原作のグルメ漫画なのですが、まぁAmazonのレビューがひどいひどい(笑)。『孤独のグルメ』が大評判なだけに、とんでもない勢いで叩かれまくっています。

わし、このBookレビューが好きで、時々気になる本があるときは覗いているんです。人の意見って面白いんですよなんか。

しかし、こんな荒れっぷりはさくらももこの『やきそばうえだ』以来でしょうか。いや、百田なんとかの『殉愛』以来かな?どっちも読んでないけど。

で、わしが『花のズボラ飯』を読んでみた結果、「そんなにひどくないやん」と思ったので率直な感想を述べさせて頂きます。

みんな!!たかが漫画だよ、落ち着いて!!

スポンサーリンク

炎上その1。花の食べ方が汚い、生理的にムリ?

まずは一番多かった意見「花の食べ方が汚い」という理由から。

確かにこの主人公の花さんは、ほぼ一人の食事ということもあってかなり油断していますよね(笑)。

玉子かけごはんを「ブタになってもいい!!」とわしわし掻き込んだり、クリームを口元につけたり、スープをだらしなく垂らしたり。

しかも食べ方もあぐらを掻いたり、あげくの果てにパンツ一丁で立ったまま頬張ったりと、

「なんてお行儀の悪い食べ方なの!!」

と声を荒げたくなるのも分からなくもない。ないんだけど、ちょっと待てと。

わたくしはね、この花さんを見て「ああ、わしみたい」と吹き出しそうになってしまいましたよ。

だって、一人の食事なんだもの、誰が見てるわけでもないし、あんなもんじゃね?って思うわたくしはお行儀が悪いのでしょうね、きっと。

そのゆるゆる緩みきっている日常を、花さんは勝手に(?)漫画にされてしまっているんだからちょっと気の毒な気すら感じます。

それに、何か食べてる顔って超油断していると思いません?一人で食堂に入ってごはん食べてるおっさんなんてもっとえげつない食べ方してる人いっぱいいるけど…。

汗とかだらだらかいて、一人でもふもふっとあんなに美味しそうにごはんを平らげることが出来る花さんは、もしかしたらすごく羨ましい人なのかも知れません。

花さんの食べる顔が発情しているみたいで気持ち悪い!という意見もありますが…。どうなんでしょう(笑)作画の人が成年漫画の出身みたいなので、その人の描き方なのかもしれませんね。

炎上その2。部屋が汚すぎる!花がだらしなさすぎる!

主人公の花さんは、旦那さんがなぜか単身赴任で一人アパートで暮らしている、という設定です。そして旦那さんがいないときは、この部屋がゴミ溜めのようなありさまに…。

急に旦那さんが帰ってくるとなったらさあ大変。

部屋には飲みっぱなしのカンカンや、食べっぱなしのミカンの皮、お菓子の空き箱、脱ぎっぱなしのパンツ…が散乱しているのを慌てて片付ける、そしてまた汚部屋に戻る、というのを繰り返しているようです。

これもまた、炎上の火種となってしまいました。

あんな汚い部屋で飲み食いできる神経が信じられない

食べているところにゴミを描くな

嫌悪感しか感じない

などから、果ては

専業主婦がこんなにだらしないと思われたくありません!キリッ

なんてご意見も…。大丈夫、大丈夫ですよ!誰もあなたがだらしない主婦だなんて思っていませんよ、落ち着いて!!

やっぱりみんな主婦には家事をきちんとしてもらいたいんですよね、分かります。お家がきれいだと気持ちが良いし、洗濯だってあんなに3回も4回もいっぺんに回さなくてもいいようにしたいですよね~。

でも、実はわたくしまたしても「ああ、わし絶対こうなりそう…」って思っちゃいました、ごめんなさい。

だって子どももいなくて旦那さんもたまにしか帰って来ないんでしょ?片付ける理由がないwww

お金の心配もとりあえず無し、住むところもある、子どももいない、となったらだらけきりますよわたしゃ。花さんいいな~ってちょっと思いましたわはは。

ああそうか、もしかしてみんな花さんが羨ましい???いいよねぇ花さん。

炎上その3。花がむかつく!

これもちょっと笑っちゃいましたが、主人公の花さんが合わない人が多いみたいですね。っていうか愛されない主人公って時点で終わってません?

この花さんは、ものすごく正直な人というか、独り言が多いんです。その独り言が「ウザい」と評判になっています。

食べるときも大声で「花天才!!」とか叫びまくっているし、普段から寒い親父ギャグの連発です。(これは久住さんの趣味でしょう、完全に)

確かにそばにいたら「ちょ、黙って」と言ってしまうかもしれない、いや言わないけど確実にイラッとするタイプの花さんではあるんです。

でも、わたくしこう思ったんですよ、「花さん寂しいんだなぁ」って。

旦那さん単身赴任だし、かといって実家に入り浸っているわけでも無さそうだし、バイト先の同僚はおじさんだし…。単純に誰かと喋りたいんだろうな、と心優しいわたくしは想像したわけなんです。

喋る人がいないってけっこう辛いもんがありますよ。ましてや新婚っぽいこの花さん、相当寂しいのを独り言でごまかしているんじゃ…と思うと、急にかわいく見えてきたり。どうでしょう、見えません?

そして一人だから、心の声がだだ漏れなんですねこの人。

例えば「ひどい!!」と評判だったのが、お隣の「ジョン&ヨーコやりたいカップル」(この呼び方も人をバカにしている、とのこと)に栗をもらったエピソードです。

花さんは「めんどくせぇぇぇぇ~~~~」とうんざりして、1個だけ茹でてあとは職場のおじさんに丸投げしようというお話だったのですが、これも非難囂々。

人様からもらったものがありがたくないのか!

ちゃんと栗ごはんにしてみせろ!

という意見がドシドシ寄せられていました。(みんな、花さんの親御さん?)

でも、わしも栗じゃないですけどおんなじように「めんどくさっ」て思ったことありますよ。

たけのこなんてその筆頭じゃないですかねぇ。たけのこ超めんどくさいんですよ、湯がいてもってきてほしい…、てのが本音じゃないでしょうか。

何もジョン&ヨーコカップルに、

「栗なんてめんどくせえもん持ってくんな!!」

と怒鳴り込んだわけじゃなし、美味しくかつ喜んでくれそうなところに栗を渡したんだからいいじゃないですか。

みんなキリストみたいに隣人愛に溢れているんでしょうね、素晴らしいことです。

あと、「そんなに寂しいんなら旦那に着いていけ」という意見もありましたが…。だって題名が『花のズボラ飯』なのに、設定に文句言っても、ねぇ(笑)。

旦那さんが帰って来るときぐらいちゃんと料理しろ、とか、寂しい寂しい言うわりに部屋が汚いとか。おーいみんなぁ~、大丈夫かぁ~!!

浮気もせずに一途に旦那さんを待ち続けているんだから、それでよしとしようよ。二人で美味しいものを食べに行くのがこの人たちの幸せかもしれないんだから、そこはそっとしとこうよ…となんだか脱力してしまいました。

それでもわしが続きを読まないであろう理由

こんなに擁護をしてみました『花のズボラ飯』。この後の続巻をもちろん見るかって?

いえ、見ません。

うん、あのなんだ、あなたの気持ちは分かる、分かるからとりあえずそのグーにした手を下ろそうか。

一つだけ、どうしても致命的なところがダメだったんです、わたくし。それはなんといっても物語の要である、

食べ物の趣味が花と合わない

ことなんです…!!花さんごめん!面目ない!!

わし鮭フレークが大ッ嫌いなんです、もう匂いを嗅いだだけで気持ち悪くなってしまう…。

それをこともあろうかトーストにチーズと乗っけて食べるだなんて…!!この女、頭おかしいわっ。(おい)

コンビニのおにぎりをお茶漬けにするのもいや。

ポトフにケチャップなんてありえない。

温まってないカレーなんて許せない!!

のりたまのふりかけも大嫌いだし、鍋焼きうどんにピーマンとか冒涜レベル。

ことごとく味覚のツボが違うんですよ…(泣)どっちかっていうと花さんはうちの姉と味覚が合うと思う、どうでもいいけど。

でも、漫画としては面白いと思うし、ちょっとウザかわいい花さんはわしけっこう好き、というか性格が自分に似ていて恥ずかしい。

好き嫌いがはっきり別れる作品だと思いますが、あんなに酷評されるレベルのひどい漫画ではないと思いますよ。

それにしても、こんなに人を怒りにしろ何にしろ掻き立てる漫画ってのも珍しいですよね。その意味では希有な作品と言えるのではないでしょうか。

さあ、「好き」か「嫌い」かは、あなた次第です!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメント

  1. みらくるてんじくねずみ より:

    こんにちは。
    花のズボラ飯がアマゾンレビューで酷評だと、始めて知りました!
    5年前に初めて読んだときは人気漫画という印象だったのでビックリです。

    実際に私も、花の「アヘ顔」が気持ち悪い!とずっと思っていました。
    まるで、男性漫画家が描く○ェラしている時の女性ではありませんか…
    ちなみに「たべるダケ」という漫画も同様に酷いです。
    しかしながらこの漫画家さんが青年誌作家と聞いて納得しました。

    ただ…、女性誌での連載ということでわざわざペンネームまで変えているのに、
    食べるという行為にアヘ顔タッチを導入したことには疑問です。
    お陰で、後発の漫画がそれに倣うようになってしまった。

    でも話が進むにつれて花のアヘ顔は少なくなっていますよね。
    読者からの反応を受けて、作者も調整を入れているんだろうと思います。

    いろいろ言いましたが、花のズボラ飯は、
    グルメ漫画の中では面白い方だとおもいますよ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です