見つけたら迷わず買うべき!!道の駅とおわの紅茶スイーツ「しまんと紅茶大福」と「しまんとロール紅茶巻」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高知県の四万十町にある「道の駅とおわ」。すぐそばには四万十川が流れている、風光明媚な道の駅です。

愛媛から車を走らせて行ったのは、大人気のおもてなしバイキングを食べるためともう一つ、個性豊かなスイーツがあると聞いたから。

なんでもこちらの十和(とおわ)地区はお茶の産地だそうで、そのお茶を自家発酵させて作られた紅茶がオリジナル商品の一つになっています。

最近では国産の紅茶を作る産地も増えてきましたが、その紅茶を使ったスイーツがまたもんのすごく美味しかったので紹介いたします!!出会えたらラッキー、即買うことをおすすめするよっ。

スポンサーリンク

自家発酵の紅茶スイーツ、「しまんと紅茶大福」と「しまんとロール紅茶巻」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当に出会えてラッキーだったこの2種類のスイーツ。

実は「しまんとロール」の方は道の駅とおわでは売り切れており、諦めて「しまんと紅茶大福」を購入。ところが、たまたま寄った愛媛県松野町の「虹の森公園まつの」という道の駅で「しまんとロール」が売っていたのでゲットすることが出来ました。

この二つの道の駅は比較的近くにある道の駅(といってもかなりありますが)なので、もしとおわになかったら虹の森公園ものぞいてみるといいかも。

ちなみにお値段は、

しまんと紅茶大福6個入り 1、000円

しまんとロール紅茶巻一本 1、200円

でした。道の駅とおわのウェブサイトでは通販もやっているみたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開けて見るとこんな感じで収まっています。ちなみにどちらも冷凍で売られているので、買ってから2時間くらい経ってからが食べ頃のようです。

とおわのおみやげはパッケージもフォントもデザイン性が高くてステキです。箱なんてとっておきたいくらいかわいい。

紅茶のかほりがたまらない!まさに口福なスイーツ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて切り分けてみました。10人であのロールケーキを分けたもんですからうっすくなりましたが(笑)

でも、評判はかなりよろしかったですよ!まさに老若男女に喜ばれること間違いなし!でした、よかった…。(お土産にはかなり気を使う…)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはどうしても食べたかった「しまんとロール紅茶巻」です。大人気商品なので、オンラインショップではなんと3月下旬からの発送だとか…。みんな!虹の森公園に急げ!!

このロールケーキには、生地とクリームの両方にたっぷりと茶葉が混ぜ込まれています。ちょっと分かりにくいんですけど、黒いぽつぽつがあるのが分かりますか?これが紅茶の葉っぱです。

しまんと紅茶は「牛乳との相性が良い」と言われる紅茶なんだとか。食べるミルクティーみたいなもんですね(?)

一口食べると、その紅茶の風味の強さに驚きます。ふわわわぁぁぁ~~と口から鼻から紅茶のかほりが抜けていって…ふわ~、美味しい!!

本当に誇張じゃなく食べるミルクティー、というくらい紅茶です。ええっこれちょっとものすごく美味しい。

全体的に甘さはかなり控えめです。なので、とにかく紅茶のかほりが際だって仕方ありません。

そしてこのロールケーキの生地がなんともしっとりとしていてたたみ一畳分くらい余裕で食べられそうなほど軽い!!クリームとの相性が抜群です。あああ、思い出したらまた食べたくなった…。

わし比でいまんとこNo.1ロールケーキです。これ以上美味しいロールケーキを食べたことがない、いまんとこ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてお待ちかねの「しまんと紅茶大福」です。見よ!!この紅茶紅茶した断面を!!

こちらの大福は、クリームに茶葉だけでなく紅茶ジャムも使用して、甘さとゆずの柑橘の味がアクセントになっているのだとか…。う~む、紅茶ジャム買い忘れた。

まず、このおもちがマシュマロのようにもちもちぷりんぷりんでめっちゃ美味しい!本当にマシュマロみたいに弾力があります。

白あんとこの紅茶クリームもばっちり合っていて、しまんとロールよりも甘みが強いです。大福らしい甘さですが、紅茶の風味が後味爽やか~。

紅茶の茶葉もけっこうがっつり入っているので、ほのかにどころかいきなり「紅茶!!」と感じるくらいです。舌の上にも茶葉が残る感じ、これがまた美味しいんだな。

う~ん、こちらもしまんとロールに次ぐ人気商品になること間違いないですね。これだけ紅茶を全面に押し出されるとむしろすがすがしいです。

この2品のために四万十に行く価値大いにあります。ついでに食堂でごはんを食べて、虹の森公園まつのの「おさかな館」に寄ればもう大人も子どもも大満足だと思います。

高知の四万十地方はその景色、そして美味しいものに溢れた素晴らしいところでした。ぜひまた訪れたいです、いや、必ず季節を変えて何度でも訪れることでしょう。まだカッパもみてないし!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です