「もしかして…赤ちゃん!?」妄想妊娠でプチ暴走した結果赤っ恥こいたよの巻

赤ちゃん

タイトルでだいたい話分かるのにも関わらずこの記事を読もうと思ってくれたそこのあなたよ幸せにな~れ☆ってことで、そうなんです、赤っ恥こいた三十路女はわたくしです。

基礎体温どころかいつお月のもの(生理)がいつ来たのかも把握してないとこうなりますよって見本です、とほほ。(わしだけか…)2人産んだ経産婦なのになんでこんなすっとこどっこいなんだろう自分。

スポンサーリンク

妊娠したかもしれない!と思い込んだわしのお花畑行動

でまぁ結果的に妊娠してなかったわけなんですけど、この一月くらいのわしの行動が恥ずかしくて仕方がありません。なんなんだこのお花畑。

胃がムカムカしてくる→「すわ妊娠!?」→とりあえず旦那さんに言う。旦那さん「マジでっ!?」→名前の妄想→さらに胃がムカムカ→「体調が第一だからブログ書くの控えめにしようっと」極端に記事の更新頻度が減る→走らなくなる→動かざること岩の如しになる→中のよいママ友に「もしかしたら…」とフライング→お月のものが遅れてくる→もしかして赤ちゃんになにか…!?→冷静になる→穴があったら入りたい←いまここ

…うん、なんつーかちょっと落ち着け。とりあえず人に言うのはせめて検査してからにしようよ、と愚かな自分に総ツッコミ。

「月曜日(今日)の役員会どうしよう、つわりで…て断った方がいいかなぁ?」

とか言ってた自分に正気に戻れと平手打ちの2、3発お見舞いしたい気分。つわりってなんだよそれ、違うっつーの。

とりあえず、今回の騒動で妊娠したら甘えられるものには藁にでも甘える精神のわしはブログあんまし書かなくなるということが分かりました。もう20日過ぎてるのに10記事も書いてないっておい。

いやいいんですよ、本当に妊娠してたならしばらくブログ休んだって当然なんですよ、本当だったらね。

でも不思議なことに「赤ちゃん来ないかなぁ」とか思ってると、なんだか胃の辺りがムカムカしてくるんですよねぇ(気のせい)、何度も吐き気がこみ上げてくることがあったし(気のせい)。わしとにかくつわりがキツくて検査で分かる前からつわりがあったくらいなんです。なのでねー、わたしゃてっきり、と謎のおばあさんキャラでごまかしてみよう。ただの不摂生だ…。

ママ友は爆笑してくれましたが、ほんと笑ってくれるのが一番ありがたい。

ママ友「走っちゃダメよ~」

わし「す、すまん!!実は…」

ママ友「(お月のもの)来たの!?爆笑」

わし「お、遅れてて~!!(いつかも分からなかったくせに)」

なにこの独り相撲、一人妄想妊娠。はた迷惑だわー。

旦那さんもとても赤ちゃんを待ち望んでいるので、もう気分は「3人目かぁ☆」って感じで二人で名付けとか布団の並び方とか幼稚園どうするだとかで盛り上がってしまって…。あの幸せと戸惑いが入り混ざったような時間はなんだったんだろう、幻?

しかも、生理が来たっていうのに現実が受け入れられない、というか完全に妊婦さんモードだったわしと旦那さん、

「どうしよう、なんか出血したっぽい…お腹も痛いしオロオロ(ただの生理痛)」

「大丈夫っ!?検査まだだけど明日産婦人科行ってみようか?」

なんてただの生理をドラマチックに迎えてしまいました…。ほんとそのまま突っ走って産婦人科に行ってたら今度こそ本当に大恥かくところだったわ。もうその病院死ぬまでかかれなくなってたところだった、危ない危ない。

そんなこんなでしばらく偽妊婦さんだったわけなんですが、なんとその妊婦さんの「クセ」が抜けないんですよ、訳分からん。走るときも子どもを抱っこするときも、コーヒー飲むときも無意味に身構えてしまう今日この頃、アホすぎる。

とにかくこれからはお月のものがいつ来たかくらいは覚えておこうと心に誓ったのでした。

そんなこんなでやっぱり3人目を産みたい

ところがね、今回のプチ(?)暴走で妊娠していないと知ったとき、わたくし自分が思う以上にがっかりというかショックだったんです。もう、なんていうんだろうこの虚脱感。

もちろん赤ちゃんにはいつでも来て欲しいしそれを願っているのですが、でも自分でもびっくりするくらい落ち込みました。

妊娠したかも?と勘違いしていたときはもちろん嬉しさもあるのですが、「今来たかぁ~」ってどちらかと言うと正直これから大変になるなぁとか体調を整えなければとそちらの方に頭がいってました。なので、自分がこんなにショックを受けていることが逆にショックというか…。

そして、やはりいつになってもいいから3人目を産みたい、と改めて思いました。

今の時代一人っ子なんて当たり前だし、3人なんて昔の4人とか5人くらいの「子だくさん」イメージなんじゃないでしょうかね。しかも生活が潤っているお家ならまだしも、うちなんて生活保護に毛が生えたようなかつかつの家計状況。

じゃなんでそんなに3人にこだわるのか、2人いれば十分じゃないかと思う方もいらっしゃるでしょう。もちろんわたくしも頭ではそう思います。

3人よりも2人、2人よりも1人のほうが、お金も余裕があるし習い事とかそれなりのこともしてあげられるでしょう。それは当たり前の理論だし、そういった愛情を注ぐことも当然だと思います。

多く産んだ人のほうが偉いとかそんなこと1ミリも思っていないし、子どもの人格形成のために兄弟がいたほうがうんたら、とも思っていません。一人っ子だろうが5人兄弟だろうが素晴らしい人は素晴らしいし、ダメな人はダメだ。

わしが3人って言うのは、ただどうしようもない「予感」がするからなんです。多分、間違いなく3人目が来るってこと、そのイメージが消えないんですね。

これにはちょっと別の話があります。以前旦那さんが見た夢の話なのですが、うちの子どもたち(上が女の子、下が男の子)がその夢を見た当時より少し大きくなっていて、むつむつと旦那さんにまとわり付いてきたと。その後ろからわしとわしに抱っこされた赤ちゃんがいた、その赤ちゃんは女の子だった、とそんな夢の話をしてくれました。

その時は下の坊が生まれたばかりだったのですが、わしにもはっきりとその光景が見えたんですよね。ちなみにわしはスピリチなんちゃらの回し者じゃないですよ。

その夢は、いや夢の話を聞く前からもう知っていたような光景に思えて、だからわしにはもう「予感」しかしないんです。まぁ妄想妊娠した奴が何を言うかって話なんですけど。

わしもさすがに「2人でいいかなぁ」とか弱気(?)になって考えることもあるんですよ。だって辛いものつわり、痛いもの陣痛。産んだあとも子どもって何かとお金がかかるし、未知の生物過ぎて手に負えないし、本当に育てられるのか不安で不安でギャー!!と叫び出したくなることもあるんです。

「子どもっていいよ」とか「子育てって素晴らしい」とか言うつもりも気持ちも毛頭ないんですよ。正直勘弁して…て思うこといっぱいあるし。

でもね、そう思うたびになんか知らんのだけど会える人に会えないというか、いるべき人がいないみたいな…なんとも言えない喪失感に襲われるんですよね。まぁわしが勝手に感じているだけなんだけどね。

というわけで、いつか本当に(検査して病院で太鼓判をもらったら)妊娠報告が出来るといいなと思います。「本当に 今度はやめよう フライング」とどうでもいい一句を詠んでしまいましたが。

何が言いたいかというと、わしは産む人も産まれた人も、産まない人も産めない人もみんなが幸せになれる世の中になればいいと願っているのです。なのでわしは選挙に行きます、投票したい人がいなくても行きます。それが親の努めってもんだ。(いきなり選挙の話キター)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です