美容院行ったら人生(ちょこっと)変わったwwwパッツン前髪がもたらしてくれたもの

美容院

髪切りました、もうバッサリと。美容院なんてどれくらい振りかなぁ…約1年くらい行けてなかったと思うんですけど、今回もう鼻ふんふんして行ってきました。

美容院っていいですね、サロンですねサロンドプロ。美容院に行って、なんだか人生がほんのちょっと変わった、明るい良い方向に向かったような気がしました。髪型変えるだけで意識も変わるんですよ!ちょっとだけね。

スポンサーリンク

「『家族ノカタチ』の上野樹里ちゃんにして下さい」がどうしても言えない…

約1年美容院に行かなかった結果、わしの髪の毛はてんでバラバラのボッサボサに伸びきってしまいました。

一番やっかいだったのが前髪。別に目指した訳じゃないのにワンレン風♪になってしまって…。どうしていいか分からずにそのまま後ろの髪と一緒にひっつめに結んでいましたが、完全に若い頃の星野源、もとい若い頃の大槻ケンヂみたいな…。分からないかww

とにかくなんかもっさいだっさい、全然垢抜けない、THE・お・ば・ちゃ・んみたいだったんですね。TVチャンピオンの手先が器用選手権のやたら暗い優勝者の人みたいな…(だから分からんて)

そんなわしが目指したのが、ドラマ『家族ノカタチ』に絶賛出演中の上野樹里さん。

じゅり

そうそう、この髪型!!上野樹里かわええ~~~!!

もうこの『家族ノカタチ』を見始めてから、毎回毎回上野樹里さんの大人かわいさに釘付けだったわし。いつしか「こんな髪型にしてみたい…」と思いが募っていきました。あ、ドラマもすごく面白いですよ。今クール一番好きなドラマです!ただ、どんどん西田敏行さんがひからびていくのがリアルに心配です。

そんで満を持して美容院に行ったわけなのですが、どうしても言えないんです、

「上野樹里ちゃんみたいにしてくださいっ!!」

の一言が…。みんなよく「キムタクみたいにしてください」とか言えるよね?「ベッカムにしてください」とかさ、そもそもベッカムって人種が違うじゃん。

それに、もし美容師さんがいまの上野樹里ちゃんを知らなくて「のだめ」になったらどうしよう、嫌だ、のだめはいやだ!!とかなんとか頭の中でぐるぐるしちゃって、けっきょく

「あの…短く…お願いしますぅ…」

くらいしか言えなかった人見知り。これじゃ何をどうしたいのか全っ然伝わらんやないのもう~!!

そこで美容師さんから見せてもらったヘアカタログなる便利帳みたいなものを指さし、なんとか伝わったと思われます。が、いま上野樹里ちゃんの写真をまじまじと見ると何かが違う。いや髪型はだいたい同じ感じに切ってくれた、じゃあなんだろう、とハタと思い当たるんですよ。

あ、顔が違うんだ…(察し)

上野樹里ちゃんが「大人カワイイ」になる髪型でも、なぜかわしだと「こけし」になってしまう状態、これを人々は「そもそも顔が違う現象」と呼ぶとか呼ばないとか。

美容師さんのせいではない、彼女は最善を尽くしてくれた、問題はわしの顔が上野樹里ではなく微妙にさくらももこだったせいだ!!と若干打ちひしがれて帰りました。

知らん人が話しかけてきたり、旦那さんが桐山くんだったり、坊が一日怯えてたり

ところがですよ、この「こけしカット」がなぜかすこぶる評判が良いのです。みんな気を使っているんだよ、とかそういうのは本当に凹むのでなしで。

まず幼稚園に行くと、今まで話したことなかったママさんが「あれっ髪の毛切ったんですか!」とか話しかけてきてくれたり、会う人会う人「若くなったね」とか「すごく似合う~」と褒めてくれるんです。みんな褒め上手なんだからぁ~と思いつつも、心はなんだかウキウキしちゃうよね、ぐへへ。

特に前髪をパッツンにしたのが大きかったようで、かなり顔の印象が変わったようです。

そして旦那さんはいたくこの「こけしカット」が気に入ってくれたようで、「うん、似合う、すごく似合う」とひなちゃんが髪の毛切ったときの桐山くんのような反応(注:3月のライオン)をしてくれました。

引きこもってたときの大槻ケンヂ→こけしにイメチェン成功したようです。厳密にはどっちもどっちな気がしなくもないが。とにかくみんなが「明るくなったね」と言ってくれるのが非常に嬉しい。

今までどっか貧乏くさい髪型というか、「どうせ何したって…」みたいな半分いじけて服装もお肌のことも怠けていた自分。

髪型変えたことによって、やっぱり(上野樹里みたいな)おしゃれな服着たいからダイエット再開しよう、お肌もあまりにも顔色悪かったからちゃんとケアしよう、と自分に対して前向きな気持ちが沸いてきたのです。髪型ひとつでこんなに意識が変わるなんて…!

そして見慣れないのか、丸一日「髪結んでよぉぉぉぉ~」と泣き叫んでいた坊(2歳児)。あまりにも激しく髪の毛を切ったので、別人みたいで怖かったのでしょう…。

そういえば、大人の人ってロングをショートにするくらいのイメチェンってしないんでしょうか?みんなちょこちょこパーマかけ直したり色変えるようなマイナーチェンジくらいしかしてないような…。どうなんでしょう。

「別人に見える!!」くらいのイメチェンをするママっていないのかな?いきなりアニーみたいなパーマかけてくる人っていないなぁ。やってみたいけど…今度こそひかれるかも。

人見知りほど行きつけの美容師さんがいる安心感は半端無い

行きつけの美容院、美容師さんがいるって大事なことだと思うんです。髪の毛のうねりや生え方のクセまで熟知してくれている美容師さんほど頼もしいことはありません。

わしは娘と一緒にここ数年はいつも同じ美容院に行っていますが、安心感が違います。(といっても年に2回くらいしか行ってないけど)二人ともつむじが2つあったり、変なところで生えぐせがあったりするので、新しいところは怖くて行けません。

ちなみに旦那さんは1000円カット、坊は自宅でパパカット…。男共よ、許せ。

そして、なにより行きつけの美容院のいいところは気を使わなくていいってこと。

わしは人見知りで、実は美容院って苦手だったんです。やたらと話しかけてくる美容師さんとかどうしていいか分からない…。

フランクにお話すればいいのか?それともカットに集中してもらうべき?いま笑うところなのかしら…でも面白くないわ…、なーんて思って、全然リラックス出来ないんです。仕方がないから目の前にある雑誌(週刊誌)を読みふけるばかり…。おかげで知りたくもない谷亮子のことにやたら詳しくなりましたが。

その点行きつけのお店だと、だいたいわしのことも分かってくれているので安心です。目の前には好きそうな雑誌(旅とか温泉とかグルメとか)を置いてくれるし、寂しくならない程度に話しかけてくれるし、その距離感が抜群。

そうそう、今回なんかわしの輪郭と頭の形が「黄金比率」だと褒められたんです!!

なんでも、頭のてっぺんから目の下(ちょっと定かでない)と、そこからあごの先までが均一になるのが一番かっこよく収まる比率らしく、だから美容師さんは頭のトップをふんわりさせたくなるのだそう。

わしの頭は「何もしなくてもそのままで均一になってますね~」と言ってくれたので、これはちょっと亀井静先生に自慢しようと思う。そっかー、だからしぇんしぇいはちたま大王みたいなんだねー。

あとは顔の中身をさくらももこから上野樹里にしたいのだけど、整形なんて怖いしメグ・ライアンみたいになっちゃったら夜歩いてるだけで怖がられそうだし、そこは心意気でなんとかなる、と思い込んでいよう。

とりあえずダイエット頑張ります~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です