お泊まり保育と3歳児入園。も少し寂しくなるはずだった、のに…!?そんな母のひとりごと

%e6%9c%9d%e3%81%94%e9%a3%af

この9月から、うちの坊がこども園にめでたく入園となりました。満3歳児入園というやつで、3歳になったその日から入園出来る制度です。こういうの他の園にもあるのかな?

とにかく上のお嬢さんと下の坊、二人が園に行き、9時から2時までわし一人の時間とあいなりました。家に子どもがいないのはかれこれ6年振り!久しぶりの静寂!!怒鳴らないからひたすら無口!うほほー!!

上のお嬢さんもこの夏はじめて「お泊まり保育」というのに行ってきまして、生まれて初めて親と離れた一夜を過ごされましたし…。なんかこう、肩の荷がややおりた感じの母のつぶやきです。

スポンサーリンク

もうちょっとは寂しくなると思ったのにな…(にやにや)

下の坊くんがこども園に入ったら、よき母(誰が)のわしは絶対に寂しくなると思ったんですよね。今までずーっと家に小さき者がむつむつとまとわりついてくるのが当たり前だったし。

他のママさんたちにも

「絶対寂しくなるよー」

とか言われてたし、そっかそっかとちょっとおセンチになるもんなのね…親って切ないわね、これが成長の証ってこと?とか思ってたんです。我ながらキモい。

ところがどっこい、初日に坊を園に預けた帰り道。そこで気が付いてしまったのです。

何だこの開放感は。

道をただ歩く。ただそれだけなのに何なんだこの開放感はっっ!!!

車を気にして周りをキョロキョロしなくてもいい。

走る子どもを追いかけなくてもいい。

子どものペースに合わすことなく自分のペースで歩ける。

ただそれだけなのに、こんなに自由なんて!!

自由だーーーーー!!と絶叫したいくらい自由を味わってしまいました。

他のママさんからは「羽が生えているようだよ」と言われ…。そう、身体が軽くなった気がする、気のせいだけど。むしろ肥えた。

やばい、やばいよ。子育てってやばいね。道ひとつ歩くのにこんなに神経使ってたんだすげえ。

それからというもの、子どもたちがいない午前中は静寂を楽しみ、一人の時間を噛みしめております。ありがたやありがたや。

その時間を楽しみたいがために前より早起きして家事を片付け、1分でも早く園に送り込む算段で子どもたちをせかし…(鬼?)。前は遅刻ギリギリだったのに、今じゃクラスの誰よりも早く教室に行く始末。どうです、わしの鬼母ぶりは。

もうちょっとこう、寂しく思ったり園でどうしてるかなぁって心配したりする予定だったんだけど(笑)。説得力ないですか、どうもすみません。

だってさぁ、6年だよ6年。6年っつたらあなた、1年生が6年生になるんですよ。その期間ずーーーーっと家にチビといたんだから、これくらい調子乗っても多めに見てくださいよ。

それと、やっぱり子どもたちがとっても楽しそうに園に通っているということが大きいですね。

これが毎朝泣かれてごらんなさい。もうこっちもウルウル泣きそうになって、「ごめんねぇ…」って暗くなってたと思うんですよ。

でも、特にうちの坊くんはほんっとーにあっさりしたもんで、初日から一回も泣かず、おかげさまで毎朝楽しそうに通っています。だからこっちも安心出来るんだよね。

ですが、そんな坊くん、実は初登園の前夜に夜泣きをしました。

こう、「うわーーん!!」と泣くのではなく、本当に

「しくしく…しくしく…」

と静かに(変換したら静香って出てきちゃった、怖っ)泣いていたのでびっくりしました。

「幼稚園行きたくない…ママと離れたくない…おうちにいたい…」

としくしくしくしく、まるで大人のように泣いたのです。

あらら、これは明日は大変だぞ…と思い、なだめながら寝かしたのですが、翌朝はケロッとして早く幼稚園に行こう!!と張り切っていました。

きっと、緊張と不安と寂しさのピークがあの夜泣きに出たのでしょうね。そして、泣いてスッキリして彼なりに腹をくくった瞬間だったのではないかと思います。でも本当にビックリしたー!

坊くんはわしが去年役員だったこともあって、かなりの頻度で幼稚園に行っていました。だからイメージもある程度掴めているし、お姉ちゃんも行ってるしで大丈夫かな、と高をくくっていたところもあったんです。

でも、やっぱり子どもなりに不安も怖さもあるんだな、と。小さいなりに一生懸命覚悟を決めようとした坊くんがとてもいじらしく思いました。

そしてお嬢さん。どちらかというとすぐに泣くし甘えん坊なのは上のお嬢さんで、どうしても上の子は何をするにも初めてなので親も気合いが入りすぎてしまうのですね。

そんなお嬢さんは、こども園でのお泊まり会ももう行く前から

「ママの隣で寝られないの嫌だなぁ」

「ちゃんと寝られるかなぁ」

「(お泊まり会の前にある)夏祭りだけじゃダメなの?」

とこちらが心配になるくらいの弱気発言を連発。唯一の救いはばあさんに買ってもらったおしゃれパジャマで、これだけは本当に喜んでいました。

当日の夜も、なんだかわしも旦那さんも寝付けなくて…。

なんだか変な気持ちだね、お嬢さんは寝たかな?泣いてないかな?なんて言い合いながら深夜までNHKの『大アマゾン』ドキュメントを見ていたのです。これが面白すぎて余計眠れなくなったという…ね。イゾラド!!

次の朝、寝不足で目がつぶれたわしのもとに帰ってきたのは、ピッカピカに輝いた顔のお嬢さん。

「○○ちゃんは一番に寝たんですよー、早かったですよ」

なんて先生の声を聞きながら、わしの脳裏にはあのアマゾンの巨大な猿が駆け巡っておりました…。

なんだ、意外と子どもたちたくましく育ってるじゃん!わしら親が思うよりも、ずっとずっと、子どもたちは大きくなったんだなぁ、と感じました。

お嬢さんなんて背が伸びて、そうそう今日初めて前歯が抜けたし。抜けた歯を見るとこち亀の両さんの歯がいきなり全部抜けた回を思い出すなぁ。両さんは大人になるまでずっと乳歯だった、というオチなんですがwww両さん…!!

そして、その静寂な午前中わしは何をしているかといいますと、ものすごく地味~にブログを作っております。

ランチにも行かず、倉敷イオンにも行かず、もちろん岡山イオンにも天満屋にもハッピータウンにも行かず、ひたすら新しいブログを作っております。

もう一つのブログは、とにかく読者の皆さんのお役に立つこと、ブログ内を検索しやすいこと、を目的としたグルメブログを少しずつ更新しています。

こちらのブログは主にわしが言いたいこと、書きたいこと、面白いと思ったことを綴るブログになっていますので、色々と記事の変更やらあるかと思いますがご了承ください。

そのうちこのブログを軸に、今やっているグルメブログとあとドラマとか呼んで面白かった本のブログも作ろうかと計画中です。

こちらのしみしみ家は、主に週末に更新予定なのでなかなか頻度は上がりませんが、そういうわけでこれからも長い目で見て頂けたらと思っております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です