娘の運動会に行ってきたんだけど、学校って30年前から1ミリも変わってないのね

タイトル通り、娘の小学校の運動会に行ってきたんだけど、ほんと学校って変わってないなぁと思ったのでブログにしてみようと思います。

最近色々学校も言われてるじゃない、特に組み体操とか騎馬戦とか。

賛否両論あるからどんなもんかなぁと思いながら弁当こさえて行ったんだけど、ほんとびっくり。わしが小学生だった頃とほとんど、いや何も変わってねぇ。

それが良いとか悪いとかは別にして、でも

「これじゃPTAもいじめも無駄に長い部活も変わらないよなぁ」

と小さく絶望したってお話。

スポンサーリンク

組み体操って結局体育教師の自己満やん、と思うわしってひねくれてるんやろうか

いやこの画像はまったく関係ないんやけども。

小学校の運動会に行ってきました。そんで色々とさぶいぼたったりアレだったんだけど、一番違和感を覚えたのはやっぱり「組み体操」だね。

自分が子どものときから「これ何のためにするん…」て思ってたけど、大人になって見てもやっぱり「これ何のためにするん…」でした。

いや、子どもたちは本当に頑張ってましたよ。それは素晴らしいな、と思ったの。この薄汚い心を持ったわしでも、みんな泥だらけになって頑張ったんだなぁ、と思ったもの。

でも、やっぱりなんだろうあの違和感。

あの朝礼台で「ピッ」と笛を吹いて子どもたちをここまで頑張らせたであろう(見た目)熱血体育教師の違和感。

それに従う表情の無い子どもたち(に見えたよわたしゃ、ひねくれフィルターかかってるんかな)。

やっぱり、どうしてもひねくれたわしは

「あの体育教師の自己満披露会やな、これは…」

と思ってしまうのね。ほんと汚れた大人ですいません。

いま、組み体操色々言われてるじゃない。危険だとかそこまでやらす意味あるんかとか。で、初めての小学校の運動会だからそこらへんどうなのかな~、と思いながら見てたんです。

全っ然関係無かったね。むしろそんな議論どこにあるんって感じ。

ベテランのお母さんに聞いてみたら、今年は指導する先生が他校からやってきてむしろバージョンアップしてるとwwなんじゃそら(笑)

別にいいんだよ、バージョンアップしてても。安全対策を取って子どもたちが「やろう!」て言うならわしはここまでさぶいぼ立ちませんよ、苦手だけど

でもさ、組み体操の合間になぜか

「僕たちは~、この組み体操を通して~うんたらかんたら」

って口上が入ったのはいただけなかった…。いや思いっきり大人が言わせてるやん。こういうのほんと嫌。

子どもたちはそのままでいいんだよ、そのままの姿がすべてを語っているのに、なぜに大人の入れ智恵でぶち壊すんや!!

ほんでこれで終わるんかな、て思ってたらま~だ組み体操してた。まだ続くんかい(笑)

余談だけど、組み体操終わったあと、件の体育教師が生徒を集めて

「運動会は終わったけども、これで終わった訳じゃないからな!!うんたらかんたら」

という話をしてた、とタレコミがあった(タレコミてww)いや今終わったやん、分かってないんかあんた。

ん~~~もう意味不明すぎる!!なんでこんな意味不明やねん学校って!!(笑)

いや分かってますよ、ちゃんと体育教師の意図は汲み取ってますよ。この組み体操で学んだことをこれからの学校生活に生かしてうんたらかんたらでしょ、知ってますって。学んだことってなんやねんって思うけど。

でも、ひねくれたわしはどーーーーーーしても学校側の自己満足にしか見えないんだよねぇ。あと親の自己満足か、これがけっこう厄介だな。

だって、高学年の親はみんな感動してたもん。ゲラゲラ笑ってたのってわしだけだったもん…。危ない奴認定だったもん…。

でも、わしも子どもが組み体操してたら感動するのかな?どうなんだろー、感動する自信ない。下で耐えてる子ども見て「痛そうやな…」て思うくらいかな。

とにかくあの体育の先生は今年赴任してきたばっかりだから、少なくともあの組み体操を6年間は見ることになるんやなぁ。なんかげんなり(笑)

一番まともな意見だったのは、組み体操見てた娘(1年生)の感想。

「あれ、4年生になったらやらないといけないんだよねぇ…はーーー(長いため息)」

うん、さすが我が子。学校生活生きにくいぞ、頑張れ。

学校は変わる気はないんやろうなぁ。

騎馬戦も男女混合でがっつりやってたし(女子が強くて面白かったけど)、お弁当も家族で食べるし、地区対抗の出し物とか敬老会の踊りとか、本当にわしが子どもの頃と1ミリも変わっていない運動会。

でも、変わらないのも当たり前だと思うの。

だって、学校の先生って「その学校が楽しかった」人がなるのがほとんどだと思うのね、知らんけど。

わしみたいに学校に馴染めなくて先生も大嫌いで嫌で嫌でしょうがなかった人が「学校の先生になりたい!」なんて思う確率ってめちゃくちゃ低いと思うのよ。

いま採用試験だって倍率凄いから、昔みたいに仕方なく先生になるって人も少ないと思うし。ま、極論だけどね。

このままでいいと思っていない先生が沢山いることも知ってる。

色々先生の中でも一生懸命変えようと動いている人がいることも知ってる。

でも、まだまだ圧倒的に数が少ないから、どうしても件の体育教師みたいな勢力にはまだ立ち向かえてないのかしら…なんて思ってしまったのね。

ま、わしがあの体育教師みたいな先生が苦手だったってだけなのかもしれんけど。でも実際苦手だわー、ああいう力ずくで感動を押しつけるタイプ。

部活とか一生懸命指導する先生も、わしの少ない経験だけでものを言うとやっぱりこのタイプの先生が圧倒的に多かったな。少ない経験で物を言うなって?まぁわしのブログだからそこはすいません。

訳の分からん精神論を振りかざしたり、やれ休憩するなとか水飲むなとか、いまだったら相当ヤバイこともあった。

こちらもそんな環境だと思考停止してひたすら時間が過ぎるのを待つだけだったし。

わしにとっての「学校」や「先生」って、子どもの頃は苦手だったし嫌だったけど、大人になってもそれは同じだったなぁ。なんて思ってしまった運動会でした。

変わってないんやな。

ほんと、何一つ変わってないんや。

そんな学校に、行政や国がいくら言っても無駄な気がする。先生もだけど、保護者だってどっかで「それでいい」と思ってる節があるんちゃうかな。

これから30年後もPTAは変わらず続くし、いじめは無くならんし、部活の時間は長いままだよきっと。

そんなことを感じて、ちょっと絶望してしまったよわたしゃ。

ひとつだけ大人になって分かったことは、なんで自分があんなに先生に嫌われてたか理解したことやな。

一生懸命根性論とか話してみんなで感動しよう!!てときに「あほくさ」って冷めた目でめんどくさそうにしてる奴がいたら、そりゃ嫌だわな(笑)

大人になって寛大になったわしだ。

あのころむっちゃむかつくこと言われたり「こいつなんで教師になったん」て驚くぐらいの先生もいたけど、地獄に落ちやがれ!と心で一喝してから全部許してあげようと思う。

…やっぱひねくれ者にはつらいところなのよ、学校って。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローお願いします

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です